No.28 患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ

看護師にとってコミュニケーションスキルはとても重要です。
しかし「患者さんとどんな会話したらいいのか」と悩んでしまうケースも珍しくありません。
ここでは、患者さんとの心を距離を縮めて、上手に信頼関係を結ぶための会話術をご紹介します。

あいさつはすべての基本!

「おはようございます」「ありがとうございます」「おやすみなさい」などのあいさつを大切にしましょう。
あまりあいさつをせずに患者さんと接する看護師もいますが、やはり普段からあいさつを交わしている人の方が好感を持たれやすいものです。
自分から率先してあいさつするように心がけるだけで、さまざまなタイプの患者さんとコミュニケーションを取りやすくなるでしょう。

名前を覚えて相手に寄り添う

患者さんと話す時は、相手の名前を覚え、意識して呼びかけるようにしてみてください。
名前を覚えてもらえることは嬉しいことですし、相手との信頼関係も構築しやすくなります。
多くの患者さんがいるので一人ひとりの名前を覚えるのは大変かもしれませんが、名前をきちんと呼ぶことは、相手に寄り添う看護につながります。

ポジティブな会話を心がける

患者さんは気が滅入りがちなので、明るくポジティブな会話を心がけましょう。
相手の嫌いなものよりは、好きなことや得意なことを聞くのがオススメです。
また、相手の趣味について聞いたり、お子さんやお孫さんのことについて聞いてみたりするのも良いですね。
楽しい会話を増やして、患者さんがイライラしたり滅入ってしまったりするのを防いであげるようにしましょう。

患者さんを優しくフォローする

もともと会話嫌いだったり、病やケガで悲観的になり心を閉ざしてしまったりという患者さんも少なくありません。
元気が無い人に対してあれこれと話しかけるのは逆効果になることもあるので注意しましょう。
こういった場合には「何かあったら遠慮なく言ってくださいね」「困ったことは相談してくださいね」と優しく声かけをするのが良いですよ。

時には毅然とした態度も重要

看護師をしているとイヤな患者さんに遭遇することも少なくありません。
そういった場合には曖昧な態度でごまかさず、強い態度で対応することも大切です。
例えば、セクハラをしてくる患者さんには「セクハラはやめましょうね!」と少し強く言ってしまっても良いでしょう。
また、ナースコールが多すぎる患者さんに対しては「このぐらいは自分でやりましょう!」「自分でやらないとリハビリになりません!」と毅然とした態度を取ったほうがうまくいく場合も多いものです。

患者さんとのコミュニケーションが不足してしまうと、患者さんの悩みに気づく機会を失ってしまい、思わぬトラブルに繋がってしまうこともあります。
急に心を開くという効果はないかもしれませんが、毎日こつこつと信頼関係を築くように努力することが大切です。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員東京都
社会福祉法人 桜ヶ丘社会事業協会 桜ヶ丘記念病院
認定看護師や専門看護師が在籍♪精神科専門病院です!!【募集職種:看護師】
東京都多摩市連光寺1-1-1
正社員北海道
北海道社会事業協会函館病院 函館協会病院
24時間保育所、学童保育有♪子育て中の方も安心です!!【募集職種:看護師】
北海道函館市駒場町4番6号
正社員東京都
株式会社つぐみ 訪問看護ステーションつぐみ
ご利用者様に対し思いやりのある対応と、笑顔を大切にしています。【募集職種:看護師】
東京都江戸川区西葛西3-3-13-1206
正社員広島県
医療法人社団 育伸会 なかよし小児科
東福山駅から徒歩8分!小児科メインのクリニックです!!【募集職種:看護師・准看護師】
広島県福山市引野町4丁目22-19
正社員
非常勤
東京都
医療法人社団 東京朝日会 介護老人保健施設 あさひ
ママさんナースも活躍!小さなお子様に理解のある職場です。【募集職種:看護師・准看護師】
東京都足立区保木間4-41-12
理想の職場を見つける 0120-206-001