No.137 女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら

夜勤や不規則な勤務、ストレスや仕事の疲れで「ホルモンバランスが乱れている?」と感じたことはないですか? ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な症状が現れてしまいます。
今回はそんなホルモンバランスについてご紹介しましょう。

女性ホルモンってなんだろう?

女性ホルモンは「大脳」からの指令で分泌が始まります。担っているのは「視床下部」で、視床下部は常にホルモン量をチェックしています。ストレスや睡眠、食生活の乱れなどによって視床下部が不安定な状況になると簡単にホルモンバランスは乱れ、身体に様々な症状を引き起こしやすくなります。

ホルモンバランスの乱れによる症状

◎月経不順・生理痛・不正出血
ホルモンバランスが乱れると一番起こりやすいのが月経不順です。月経不順になってしまうと、生理がなかなかこなくなってしまったり、逆に月に何回もきたりします。

また、量が多かったり少なかったりするなど、様々な症状を引き起こし、生理痛も起きやすくなり、頭痛やイライラなどの症状が出る場合もあります。

◎自律神経失調症
ホルモンバランスと自律神経は大きく関わっており、ホルモンバランスが崩れてしまうと自律神経がおかしくなり、イライラ・興奮・不眠・便秘・下痢など更年期障害の症状が引き起こされます。

◎肌荒れ・乾燥・ニキビ
ホルモンバランスが整っていると肌も若々しく、ハリが保たれますが、ホルモンバランスが乱れることによって、肌荒れが起こり、老けて見られやすくなります。

ホルモンバランスが崩れるNG習慣

ホルモンバランスを乱れないようにするには、日常の生活習慣を見直すことが大切です。そんな、ホルモンバランスを整える上でのNGな習慣はいったいなんなのでしょう?

◎食生活の乱れ
食生活が乱れている場合には、ホルモンバランスも乱れやすくなります。ダイエットなど過度に肉や油、必要な栄養をとらない食生活の場合、エネルギーや細胞がうまく作りにくくなり、ホルモンも正常に作られなくなってしまいます。厳しい食事制限は、ホルモンバランスを整える点ではお勧めできません。

◎不規則な睡眠
看護師は不規則な勤務体制により、睡眠時間がバラバラになりやすいです。睡眠時間が乱れるとホルモンバランスも乱れます。ホルモンバランスを崩さないよう、できるだけ休日はゆっくりと過ごし体調を整えることに専念しましょう。

まとめ
ホルモン分泌の乱れを完全に防ぐことは難しいですが、長期間乱れたままの状態にならないように生活習慣を整えることがホルモンバランスを保つためには大切です。またストレスをなくすことは難しいですが、日々ストレスをためないように自分自身を大切にしましょう。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員福岡県
医療法人成康会 堤小倉病院
通勤ラクラク♪最寄りの駅から徒歩5分♪精神科での病棟勤務☆【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県北九州市小倉南区堀越358
正社員東京都
医療法人社団回心会 ロイヤル病院
【東京都杉並区】残業ほぼなし!療養型病院での常勤募集です☆彡【募集職種:看護師・准看護師】
東京都杉並区下高井戸4-6-2
正社員
非常勤
北海道
アースサポート株式会社 アースサポート北見
未経験者歓迎!育児休暇実績もあり、子育てとの両立が可能な職場です。【募集職種:看護師・准看護師】
北海道北見市北進町4丁目1番22号
正社員北海道
医療法人社団 心和会 心和病院
中央区の療養系求人です!40床の規模でじっくりと患者様と向き合えますよ♪【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区南13条西20丁目1-6
正社員広島県
医療法人 恵愛会 安佐病院
誠実と信頼を基本とし、患者様はもちろん、家族の皆様、地域の皆様に信頼と安心を提供できるよう努め、よりよい精神医療の提供を目指しています。【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市安佐南区八木5-15-1
理想の職場を見つける 0120-206-001