No.137 女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤や不規則な勤務、ストレスや仕事の疲れで「ホルモンバランスが乱れている?」と感じたことはないですか? ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な症状が現れてしまいます。
今回はそんなホルモンバランスについてご紹介しましょう。

女性ホルモンってなんだろう?

女性ホルモンは「大脳」からの指令で分泌が始まります。担っているのは「視床下部」で、視床下部は常にホルモン量をチェックしています。ストレスや睡眠、食生活の乱れなどによって視床下部が不安定な状況になると簡単にホルモンバランスは乱れ、身体に様々な症状を引き起こしやすくなります。

ホルモンバランスの乱れによる症状

◎月経不順・生理痛・不正出血
ホルモンバランスが乱れると一番起こりやすいのが月経不順です。月経不順になってしまうと、生理がなかなかこなくなってしまったり、逆に月に何回もきたりします。

また、量が多かったり少なかったりするなど、様々な症状を引き起こし、生理痛も起きやすくなり、頭痛やイライラなどの症状が出る場合もあります。

◎自律神経失調症
ホルモンバランスと自律神経は大きく関わっており、ホルモンバランスが崩れてしまうと自律神経がおかしくなり、イライラ・興奮・不眠・便秘・下痢など更年期障害の症状が引き起こされます。

◎肌荒れ・乾燥・ニキビ
ホルモンバランスが整っていると肌も若々しく、ハリが保たれますが、ホルモンバランスが乱れることによって、肌荒れが起こり、老けて見られやすくなります。

ホルモンバランスが崩れるNG習慣

ホルモンバランスを乱れないようにするには、日常の生活習慣を見直すことが大切です。そんな、ホルモンバランスを整える上でのNGな習慣はいったいなんなのでしょう?

◎食生活の乱れ
食生活が乱れている場合には、ホルモンバランスも乱れやすくなります。ダイエットなど過度に肉や油、必要な栄養をとらない食生活の場合、エネルギーや細胞がうまく作りにくくなり、ホルモンも正常に作られなくなってしまいます。厳しい食事制限は、ホルモンバランスを整える点ではお勧めできません。

◎不規則な睡眠
看護師は不規則な勤務体制により、睡眠時間がバラバラになりやすいです。睡眠時間が乱れるとホルモンバランスも乱れます。ホルモンバランスを崩さないよう、できるだけ休日はゆっくりと過ごし体調を整えることに専念しましょう。

まとめ
ホルモン分泌の乱れを完全に防ぐことは難しいですが、長期間乱れたままの状態にならないように生活習慣を整えることがホルモンバランスを保つためには大切です。またストレスをなくすことは難しいですが、日々ストレスをためないように自分自身を大切にしましょう。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員
非常勤
大阪府
医療法人孟仁会 摂南総合病院
【高給与★24時間保育施設完備★】オートロックの寮もあり【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府門真市柳町1-10
正社員
非常勤
広島県
医療法人社団 飛翔会 福山整形外科クリニック
飛翔会は地元広島のプロスポーツチームをはじめ、実業団、国際代表チームのスポーツサポート実績多数!!【募集職種:看護師・准看護師】
広島県福山市神辺町川北1533 フレスポ神辺モール内
正社員
非常勤
広島県
医療法人尚医会 友兼整形外科
東広島市高屋町の貴重なクリニック常勤求人♪日勤外来のみ♪【募集職種:看護師・准看護師】
広島県東広島市高屋町杵原1771-1
正社員岡山県
医療法人恵和会 田嶋内科
託児所有り☆週休2日☆倉敷市児島で貴重な2交代の求人です♪【募集職種:看護師・准看護師】
岡山県倉敷市児島柳田町862
正社員広島県
社会医療法人 里仁会 白龍湖病院
回復期医療・軽度急性期医療・緩和ケアに対応している病院です!【募集職種:看護師・准看護師】
広島県三原市大和町和木1504-1
理想の職場を見つける 0120-206-001