No.56 たまにはリセット! 看護師におすすめのリラックス方法

看護師のお仕事は責任も重くシビアなもの。
しかし、常に緊張しっぱなしでは体も心も保ちませんよね。
緊張続きの日々、どうすればリラックスして過ごせるでしょうか。
看護師さんにおすすめのリラックス方法をご紹介します。

リラックスするために何が必要?

緊張しているときは交感神経の働きが活発になっています。
この状態ではゆっくりと眠ることもできないし、体も強張ってしまいがち。
リラックスするためには交感神経の働きを鈍化させ、逆に副交感神経が優位な状態に切り替える必要があります。

「不感温湯」のお風呂でのんびり

人間の平常時の体温は35度から37度程度ですが、この範囲の温度のお湯を「不感温湯」と呼びます。
触れていても温かくも冷たくも感じない範囲の温度です。
入浴時には通常、脈拍や血圧などに多少の負担がかかってしまうものなのですが、この温度のお湯であれば負担がかかりません。
不感温湯のお風呂にゆっくりと浸かることで、体の緊張が緩和され、副交感神経の働きが優位になります。
時間のある週末などに好きな雑誌などをお風呂に持ち込んでのんびりしてみるのはいかがでしょうか?

深い呼吸をしてみる

普通、人間は呼吸をするときに胸式呼吸という方法での呼吸をしていますが、リラックスするためには胸式呼吸ではなくて腹式呼吸がおすすめです。
横になって胸ではなく、お腹をふくらませるイメージでゆっくりと鼻から息を吸い込み、口から吐き出してみてください。
何度か繰り返していると体の緊張が自然とゆるんでくるのがわかるはずです。

アロマはいかがでしょうか?
人間の五感のなかでもっともプリミティブな感覚は嗅覚であると言われています。
その他の感覚と違って大脳新皮質を経由することなく、大脳辺縁系に直接繋がっているため、複雑な思考をすることなく受け止められるのです。
つまり好きな匂いを嗅ぐということは、ごく自然に快適だと感じることのできる状態へと体を導くことができるということなのです。
アロマテラピーではラベンダーやイランイランの香りなどがリラックスに良いとされていますが、ジャスミンでもローズでも何の香りでもいいのです。
自分が好きだと思う香りを身近に置いてみてください。

リラックスするためには色々な方法がありますが、自分がいちばんリラックスできる方法をうまく見付けて、少しでも良いコンディションを維持し、明るい気持ちでお仕事に向かいたいものですね。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員
非常勤
兵庫県
有限会社ほおずき CHIAKIほおずき姫路南条
安定法人が運営する高齢者施設☆常勤・非常勤、働き方色々と相談可能です♪【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県姫路市南条2丁目143
正社員東京都
社会福祉法人 東京有隣会 特別養護老人ホーム 有隣ホーム
夜勤、オンコールはございません♪【募集職種:看護師・准看護師】
東京都世田谷区船橋2-15-38
パート
(非常勤)
大阪府
株式会社BUDDY リハビリデイサービス ビタミン
土日祝完全お休み!!お昼すぎまでの勤務!!【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府堺市西区鳳中町10-7-14
正社員大阪府
医療法人 敬任会 岡記念病院
地域密着型の一般病院です☆【募集職種:看護師】
大阪府河内長野市西之山町11-18
正社員
非常勤
広島県
サンキ・ウエルビィ株式会社 介護センター祇園
訪問入浴の募集です。週の出勤日数・お休み等相談可能!【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市安佐南区山本4-11-24
理想の職場を見つける 0120-206-001