No.53 うるおい肌をキープ!看護師のための乾燥肌対策

看護師さんのなかにはお肌の乾燥に苦しめられている方も多いのではないでしょうか?
病棟は常にエアコンで温度管理された環境。
何度も手洗いや消毒をおこなうため、皮膚からどうしても油分が奪われがちです。
そのうえ食事や睡眠など生活のリズムも安定しないため、皮膚が荒れてしまうのもしかたがないと思っている方もいるかもしれませんね。
でも、諦めてしまうには早いかもしれません。
うるおい肌をキープするための乾燥肌対策についてお伝えします。

深い眠りを目指す

睡眠時間がばらばらになってしまうのは、看護師という職業上しかたのないことです。 せめてその睡眠時間で充分な休息をとれるよう、眠りの質を上げる努力をしてみましょう。入眠後3時間をどのように眠るかで、お肌のコンディションは随分変わってきます。 深く眠るためのポイントは以下の3つです。

ポイント1
寝る1時間以上前に入浴する。(入眠時の体温を上げない)
ポイント2
寝る2時間以内には食べ物を食べない。(血糖値が高い状態で入眠しない)
ポイント3
寝る1時間以内には複雑な作業や思考はしない。(脳を活性化させた状態で入眠しない)

スキンケアのおすすめ

看護師さんのお肌の悩みで最も多いのが手肌の乾燥でしょう。
あかぎれやひびわれはつらいものですよね。
ハンドクリームは手放せない必需品ですが、就寝時やリラックスタイムにはハンドクリームを塗った上から保湿用の手袋を着けてみてはいかがでしょうか?
手の乾燥の次に気になるのは顔の乾燥です。
これには顔用のスチーマーを使って、水分をたっぷりと浴びるのがおすすめです。
「なかなかそんなにのんびりする時間なんて取れない」という場合は、お風呂タイムに保湿効果のあるパックをしてみるなどもいいかもしれませんね。
一旦肌荒れを起こしてしまってからではケアも大変なので、できるだけこまめなお手入れを心がけたいものです。

食べ物でも乾燥対策

外側からの保湿も大切ですが、体の内側からのコンディションコントロールも大切です。
ビタミン、亜鉛などの不足は肌荒れを引き起こす原因になるため、なるべく栄養バランスを考えた食生活を心がけてみてください。
特に緑黄色野菜は不足がちになりやすいので、コンビニで見かけるスムージーや100%の野菜ジュースなどで不足栄養素を補填するのもおすすめです。

忙しい日常のなかでのケアは面倒なものですが、少しでも良いコンディションで日常生活を送りたいですよね。
特に肌荒れはひどくなると感染症のリスクも上がってしまうので、なるべく注意をしていきたいものです。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員
非常勤
東京都
株式会社てのひら 訪問看護ステーションてのひら
西武新宿線久米川駅すぐ!訪問看護ステーションの求人です!【募集職種:看護師】
東京都東村山市栄町3-4-22 ラ・フルール久米川201
正社員
非常勤
大阪府
医療法人行岡医学研究会 行岡病院
教育体制、万全☆【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市北区浮田2-2-3
正社員兵庫県
医療法人社団 幸泉会 高田上谷病院
心臓血管外科の症例が多数ある病院です。【募集職種:看護師】
兵庫県西宮市山口町上山口4-26-14
正社員北海道
医療法人 豊和会 豊和会札幌病院
地域の皆様に予防から介護・在宅まで一貫した良質で高度な医療を心をこめて提供いたします。【募集職種:看護師】
北海道札幌市豊平区豊平5条2丁目3番7号
正社員広島県
有限会社慈恵コーポレーション デイサービスセンター憩
医療法人おちうみ内科消化器クリニックの関連施設です!【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市南区西旭町8-8
理想の職場を見つける 0120-206-001