No.100 効果的なとり方は? 夜勤の日の仮眠のコツ

看護師の仕事は、夜勤があるなど不規則なシフトであることが多いと思います。固定で夜勤であれば問題ないかもしれませんが、日勤と夜勤が組み合わさっているシフトである場合、仕事中に眠たくなることもあるでしょう。
効率よく働くために睡眠は大切です。眠たいときは素直に仮眠をとって、脳や体を休ませてあげてください。
ここでは、効率よく仮眠をとるためのコツをいくつかご紹介します。

横にならず、目を閉じる

「仮眠はとるべきと言っても、そんな時間はないな」と思う方もいると思います。しかし、仮眠は長時間とる必要がなく、思っているよりも手軽にとれるものです。
横になる必要はなく、むしろ座ったままとったほうがいいといわれています。横になるとそのまま深い睡眠に入ってしまい、目が覚めにくくなりますし、短時間でむりやり起きてしまうと、脳や体が寝ぼけた状態になり、すぐに仕事に戻ることができなくなるからです。 イスに座り、首が心臓よりも高い位置にある姿勢をキープして仮眠するようにしましょう。目を閉じるだけでも頭に入ってくる情報が格段に減り、脳の休息になりますよ。

仮眠をとる直前にカフェインを摂る

カフェインと聞くと、「眠気覚ましに摂るもの」という印象があると思います。「仮眠をとる前にカフェインを摂取したら、眠れなくなるんじゃないの?」と心配する方も多いかもしれませんが、カフェインはその効果が表れるまで30分程度かかると言われており、カフェインを摂取した直後には眠気覚ましの効果はまだ表れません。理想的な仮眠の時間は15~30分と言われていますので、ちょうど仮眠が終わるころに効果が表れ始めます。
カフェインの眠気覚まし効果によりすっきりと目覚めることができ、すぐに仕事に戻ることができるようになるのです。
仮眠をとる前にコーヒーなどを飲むようにしてみるといいでしょう。

夜勤前は事前に仮眠をとろう

仮眠を仕事中にとることがどうしても難しいという方であれば、仕事が始まる前に仮眠をとるという方法があります。
普段、日中活動している人が徹夜をするというのは、必要な睡眠がとれなくなるということです。充分な睡眠がとれないと、疲労物質が体にたまります。疲労物質は眠気を引き起こすだけではなく、疲れの感じやすい状態にしてしまいますので注意が必要です。夜勤(徹夜)前に先取りで仮眠をとることで、疲労物質が体にたまらないようにしましょう。

仮眠をしっかりとることで、睡眠不足になりがちな不規則なシフトでも効率的に働くことができるようになります。
15~30分を目安に、目を閉じるだけでもいいので、確実に仮眠の時間を確保するようにしましょう。その際はここで紹介したこと参考にしてみてください。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員北海道
医療法人大地  小笠原記念札幌病院
地下鉄から徒歩圏内・送迎バスも有りの通勤の便が良い一般病院です♪【募集職種:看護師】
北海道札幌市南区真駒内緑町1丁目2番1号
正社員兵庫県
社会医療法人 渡邊高記念会 西宮渡辺心臓・血管センター (主任候補)
専門病院における主任候補の方の募集です。役職未経験者の方を求めています。月給40万円以上、年収600万円の高待遇!!【募集職種:看護師】
兵庫県西宮市池田町3-25
パート
(非常勤)
大阪府
天神クリニック
アットホームな環境で働けます♪♪【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府豊中市服部西町2-8-8
正社員広島県
グッドライフ株式会社 グッドライフホーム今町
福山駅近くでアクセス抜群の有料老人ホームの求人です♪【募集職種:准看護師】
広島県福山市今町3-10
正社員
非常勤
大阪府
有限会社あさしお 訪問看護ステーションあさしお
訪問看護・居宅介護・訪問介護・介護タクシーの4本柱ですので、お互いに専門分野からのアドバイスを受けながら働く事が出来ます!!【募集職種:看護師】
大阪府大阪市港区田中2 丁目14-3
理想の職場を見つける 0120-206-001