No.1 看護師の疲労を撃退!職場でできるリフレッシュ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間勤務や夜勤が当たり前となっている看護師の仕事は、とても疲れやすいものです。
そのため仕事中に溜まった疲れは、できれば職場ですぐにリフレッシュしたいものですよね。
そこでこのページでは働く看護師の方に向けて、溜まった疲労を職場で撃退するための6つのリフレッシュ方法を紹介していきたいと思います。

職場でできる6つのリフレッシュ方法

1 深呼吸をする
とてもシンプルな方法ではありますが、深呼吸をすると緊張状態にある神経系にリラックス効果を与えることができるといわれています。
深呼吸をするときは鼻からゆっくりと10秒間息を吸い込み、吐くときは口を細くしてできる限りゆっくりと吐くようにしましょう。
2 自分の好きな音楽を聴く
音楽を聴くと短い時間で気分転換をすることができます。
自分の好きな曲をスマートフォンやiPodに入れておき、休憩時間になったら聴きましょう。
また、波の音や川のせせらぎの音などが収録された、ヒーリング効果があるCDを聴くのも効果的です。
3 お菓子を食べる
多くのお菓子には炭水化物や脂肪分など、体にエネルギーを与える栄養素がたくさん含まれています。
美味しいものを食べること自体もストレスの解消になるので、バッグの中に好きなお菓子を入れておくと良いでしょう。 ただし食べ過ぎると体重が増えてしまうかもしれないので、注意が必要です……
4 ふくらはぎマッサージをする
仕事中に疲れを溜めてしまわないためには、こまめにマッサージをすることが大切ですが、中でもオススメなのが「ふくらはぎマッサージ」です。
ふくらはぎの内側と外側のそれぞれを揉んで柔らかくすれば、血流を良くして代謝をアップさせることができるといわれています。
ふくらはぎマッサージは座ったままでも簡単にできるので、疲れを感じたらぜひやってみましょう。
5 サプリメントを摂る
疲労を回復する効果があるといわれているサプリメントをバッグの中に入れておけば、休憩中や合間の時間に手軽に摂取することができます。
疲労回復のために摂取するサプリメントとしては、ローヤルゼリーやマカ、にんにくなどがオススメです。
6 たくさん笑う
笑うことには、ストレスを解消して気分をリフレッシュさせる効果があるといわれています。
休憩中に同僚とおしゃべりをして笑うのも良いですし、一人で面白い動画を観て笑うのも良いでしょう。
また、最近の研究では「作り笑い」にも同じ効果があることが分かっているので、仕事中でも休憩中でも常に笑顔を作り続けられるよう心掛けましょう。

このように職場でできる気分転換の方法はたくさんあります。
今回紹介したリフレッシュ方法を実践して、疲れを吹き飛ばしていきましょう!

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員大阪府
医療法人祥風会 万代池みどりクリニック
高齢者施設への訪問診療、訪問看護の求人です。ドクター付添いのもと指示を受けて業務を行って頂きますので、安心の仕事環境です♪【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市住吉区万代3丁目6番23号
パート
(非常勤)
岡山県
社会福祉法人瀬戸内福祉事業会 グリーンビレッジ瀬戸内
地域密着の介護施設で、パート募集♪日勤のみ♪【募集職種:看護師・准看護師】
岡山県倉敷市船穂町柳井原2300-1
正社員北海道
医療法人社団 土田病院
ワークライフバランス抜群!地域医療に力を入れている病院です。【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区南二十一条西9-2-11
正社員北海道
社会医療法人 延山会 苫小牧澄川病院
賞与5か月!年間休日120日以上!働きやすい環境がそろっています!【募集職種:看護師・准看護師】
北海道苫小牧市澄川町7-9-18
正社員東京都
日本在宅医療株式会社 訪問看護ステーション コルディアーレ
☆ 常日勤 ★ 土日祝休み ☆ 時短勤務 ★ 様々な働き方が選択可能です☆彡【募集職種:看護師・准看護師】
東京都江東区東陽5‐30‐7 サン・クレシェンテ1階
理想の職場を見つける 0120-206-001